<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
NYC
世間はちょっとしたNew York騒ぎになってるみたい。
世間と言っても日本の極一部だけど。

ぼくには殆ど関係のないSaturdays surf nycが代官山にオープンし、
そのオープニングは人でごった返していたそうだ。

横浜SOGOでは「N.Y.foods street」と題した催事があり、「New Yorkを一日食べ歩き」なんて
文句がついているが、しょぼい催事だろうと予想はつく。実際、行って来たノリくん曰く、
「つまらない…」の一言。ただ、彼女がすきなFat Witchのブラウニーとマグカップが買えたから
それで充分とのこと。あ、あとスープがおいしかったみたい。
感想次第では行こうと思ってたけれどこのブラウニーでその必要もなさそうだ…
nyc.JPG

もう一つのNYCは3/21から小沢健二がNYCからコンサートをしに来ている。
もちろんぼくも30日にいく予定。多少の不安があるのだけれど、ヒロシさんのblog
見る限り過度な期待はやめておこう。期待というか「今の自分の好みの寄りの期待」は
やめておこう。どうも勝手にThe BandのLast Waltzのようなライブを想像してしまっている。
Dr.JohnやE.Claptonなんて出てくるわけではないがそんなライブ…。
まあそもそも彼をRobbie Robertsonと照らし合わせることがいけないのだけれども。
もっとも、このライブを聴いたのも彼の影響だったわけだけど、いまでは彼を越えて
こっちの方が好きになってしまっているようだ。
new yorkとは関係ないけど最高にかっこいいライブだ。

といった具合にnew yorkな最近、
new yorkなアルバムはやっぱりCarole KingのThe Carnegie Hall Concert. 1971だろう。
NYC出身の彼女がカリフォルニアで作曲家として成功し、大ヒットのtapestryをひっさげての
里帰りコンサート。ダニー・クーチマーがギターで途中から出て来て、
サプライズにジェームス・テイラーとのYou've got a friend
大好きなsnow queenはいつ聴いてもゾクゾクする。
とにかくいいライブアルバム。
写真.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit