<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
Close Encounters
「未知との遭遇」 John Williams


金曜夜丸の内ハウスにて行われた、ドコモxハニカム「Prime Time」のイベントで
ライブの始まりに使ったレコード。

コミュニケーションがテーマだったので、B-2「conversation」をかけ
その会話にEBOWを使って加わってみた。

僕の中ではこの曲こそ音でのコミュニケーションを分かりやすく表現しているし、
多分、大体の人が知っている有名なフレーズ。
シンセの音かと思ってしまうけれど、金管楽器で演奏しているところが凄くいい。

John Williamsは、沢山のサントラを作ってますが、僕の中ではディアハンターが一番身近。

ライブ自体は、その場で音を重ね作りながら演奏という、
ちょっとパフォーマンス的なやり方に挑戦。
反応はどうだったのかちょっと不明。
あまりにも短い時間のため「え、あの人、なになに?」と思っている間に終了したから
仕方ない。
でも、10代から憧れの瀧見さんには喜んでもらえたから良しとします。
Me&Mr.jpg
このライブのおかげで、自分の弱い所がよく分かったので今後の課題が見つかる。
収穫大。

今年あと2枚程CDを作ったら来年はライブ活動に力を注ぐことを決意。
Live.jpg

この日のメイン、AOEQ(YO-KINGx藤原ヒロシ)。
さすが、勝ち抜きフォーク合戦10週連続の王者と古井戸のカバーでおなじみ
高井戸(竹中直人x藤原ヒロシ)のチャッピーである。
とてもGROOVYなフォークデュオ。

YO-KINGに初めて会ったが、殆ど話さなかったけれど思いもよらず友好的で安心。
ヒロシさんには気になってたペンを頂く。
PEN.jpg

僕が単独でライブをやるときには、機会があれば出てくれるとのこと。
大物なのに大物ぶらない気さくな人。

瀧見さん、YO-KING、藤原ヒロシ。
そんな大物達と共に過ごした一夜は、まさに「未知との遭遇」程の夜だった。
CE.jpg
permalink | comment(2) | trackback(0) | edit