<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
Dr.Robert
Dr.Robertの "a simple place and time"は1992年EMIからリリースされた12inch。

ハウスミュージックでくくられる感じ、と柔らかく言うまでもなくハウスな内容。
ハウスだから、ダンスミュージックだからとか全く関係なく、
いい曲だったこととBlow Monkyesが好きだったこともあり買ったもの。
Dr.Rodertは声がいい。

イントロの子供達の声にかぶってギターのストロークで始まる感じが、
何となく冬の朝っぽさを思わせるので、冷え込むこの頃にピッタリ。
でもこれがどの季節に出たのかは全く覚えていないのが残念。

好きなレコードを買った時の状況とか季節はわりと覚えているはずなのに、
これに関しては出てこない。

4曲入りのうち、オリジナルVer以外はクラブ向きのMIXなので、
少しも聴かなかったから、改めて聴いてみたが特に、、、。

それで、これ12inchだから45回転だと思うと33回転で、
レーベルにそのことが書いてないから、毎回45回転でイントロを聴いてしまう。
EMIなんだからちゃんと書くべきだ。
大手レコード会社のくせして少しもお客に優しくないのはよくないぞ。
でも日本の企業みたいに「地球に優しい企業です」とか言ってないだけマシだ。
そもそも現代人が生きているだけで負担なんだから、今更そんなこと言わなくてもねぇ。
「地球に優しい企業なので会社辞めますっ!」とかだったら面白いけど。
CMで「これだけ悪いことしてきましたっ!」とか告白して反省する会社とかあっても
いいのに、、、絶対ないけど。

で、
最近の寒波を表してか昨日ラジオで「Snow Queen」がかかってて、
初めて聴いたやつなのにキャロルキングの声だったから調べてみると、
The cityってキング、クーチマー、あともう一人のグループだったようで、
キャロルキングのソロ前に出したグループ唯一のアルバムだそうだ。
レコード屋で何度となく見てきたジャケットだったのに、、、
凄く好きな曲のオリジナルVerを素通りしていたことが残念だしお恥ずかしい。
人のために書いた曲だとばかり思っていた。

お恥ずかしいと言えば、
以前にDr.Robertの12inchで大失敗したことがあって、
単なる同名の人の12inchをこっちのDrと思ってとりあえず買ったら、
ひどいテクノのレコードだったことがありました。
まだどこかにあるはずなので、見つけたらいたずらに紹介してみよう。

今レコードみたら、
レーベルの一番下に小さく "33 RPM"って書いてあった、、、
まったくもってお恥ずかしい、、、

Dr.Robertの "a simple place and time"
Dr.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit