<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
Virginia Astley
オリーブを愛読していた女の子が喜びそうなジャケット、
かどうかは分からないけれど、内容とジャケットを決して
切り離すことのできない素敵なアルバム。

多分、
彼女のガーデンで摘まれた草花を押したのでしょう。

聴いていると、
イギリスの何でも無い"庭"が浮かんできます。
それは本当に美しく思える。何でもないのに。
どうしてだろうか?

彼女の優しいピアノや想いが空気を揺らし、
僕らの心にそっと触れるからか。

なんでしょう、
薄くさり気ないのにこれだけ惹き付けるその魅力とは。

ただ、
日々感じている素敵なものを届けたい、
という想いだけだからか?

もしそうであれば、本当に伝わってきます。

もう僕には、
「素敵」としか言いようがありません。

ROUGH TRADEから"HAPPY VALLEY RECORDS"
というレーベル名も素晴らしく、
A面:MORNING
B面:AFTERNOON
という構成にも溜め息。

クレジットに
鳥の声、教会の鐘などのSEの日時が明記されているのは、
彼女がその素敵な状況を表現した音と共に
できる限り共有してもらいたいという想いからなのでしょう。

Virginia Astley "From Gardens Where We Feel Secure"
virginia Astley.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit