<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
Suger Babe
Suger Babe "songs"

ぱたぱたとレコードを見ていたらこのレコードで手がとまり、
A-3「蜃気楼の街」、B-1「いつも通り」が聴きたくなる。

20歳位の頃、
70年代の日本のニューミュージックが流行りCD再発なんかもいろいろあり、
中でもこれと小坂忠、金延幸子はすごくよく聴きました。
まぁ、いまでも良く聴くんですけれど。

レコードなんて殆ど見当たらないし、あっても魔除け状態で手の届くものでもないので、
CDで聴いていました。

そんな高嶺の花と思い諦めていたある日、大船にあった何てことはない
中古レコード屋にぽつりと置いてありました。
そこではマイケル・フランクス、スティーリー・ダン、ケニー・ランキン、
トッド・ラングレンetc。AORやロックのレコードを沢山買いました。
極たまに、ご褒美の様にこういった他では高価なものや、
めったにお目にかかれないお宝を手にできる良い中古屋さんでした。

いまはもうないのですが、
ホコリのかぶった昭和の雰囲気プンプンのレコード屋の思い出と、
このレコードの雰囲気は実によく合うのです。
特に、まだ若い大貫妙子の歌は本当に良く聴こえます。

そして2006年に出た、30周年記念CDのライナーにある彼女の当時を振り返るコメントには
「美しさ」と「強さ」があり、このレコードをさらに良く聴こえさせます。
suger babe.jpg

先日、ピーター・バラカンのラジオ「バラカンモーニング」で知ったのですが、
小坂忠「ほうろう」のボーカルだけ差し替えた2010年版がでたみたい。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit