<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
Light - 光 -
気になることがある。

スカパーで観る日本のチャンネルに共通することは、
光の問題。

民放などのチャンネルと絶対に違うのが光。

白いものなどはもう光って見えないくらになってる時がある。
その業界でいうところのとんでしまっている状態。

恐らくこれはカメラと照明の問題なのだとすぐに分かります。
それにしても今時代これくらいすぐに解消できそうな気もしますが
そうでもないってことなんですかね。

いつも観るたびに気になるもので。

そんな気持ちを吹き飛ばしてくれるレコードっていうのが
「ある光」Full length Ver.

ワウギターの具合もいい、
淡々と刻むけど強さを見せる青木達之のドラムもいい、
何より歌詞がいい。

このジャケットの光の具合に中華丼とかが光ってしまって
いるんです。それって情報を伝える側としては完全にNGですよ。

小沢健二/ある光(JFK 8'16" Full length)

L1010690.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
Weekend Lounge 第3回
Weekend Lounge 第3回目を更新しました。

今回はこのアルバムとお好きなお供と一緒に、
贅沢な時間をお過ごしください。

http://audioarts.jp/Radio.html


pic.jpeg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
広瀬隆


この様な方が20年以上も言い続けてきても、
考え直さないで今の様な事故が起きている、というのが現実。

面倒くさい、恐ろしい、後戻り出来ない、上の命令などで
状況を変えてこなかったのでしょう。

多分、首相自身も「止めた方が安全」と絶対思っているはずだけど、
自分では何も決断出来ない状況になっているのが、今の日本の社会
なのだと思います。
「自分の管理の下で社会がひっくり返ったらどうしよう、責任とれない」
というような気持ちなのではないかと。

右にも左にも曲げることができなくなっている人に、
運転させているし、同乗している僕らも周りがよけてくれると
信じているようなもの。

首相やその周りができない以上、国民がやればいいだけです。
そのためにこの様な人達が20年以上も戦い続けているのですから。

恐らく、全国に原発を止めたがっている人は沢山いるわけですし、
そろそろ原発を止めるためのデモを始めないと、次の事故を
テレビで見ることになるかも。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
投げ銭
「投げ銭」していただいた皆様、本当にありがとうございます。

もうしばらく続けて、被災地にの役所か赤十字に届けようと思います。
どちらが良いかはその時点で決めさせてください。

気持ちとしては、現地の役場や現地にて活動をされている団体
などにと思っていますが、それが難しい場合は赤十字へとさせて
いただきます。

今回はサイト上で行っていますが、
投げ銭方式のライブを行おうと思っていますので
決まり次第お知らせ致します。

場所等のことがありますので、すぐに実行できるかどうか
分かりませんが、必ず行いたいと思っています。

何より、皆様のお気持ちに感謝しています。

この「投げ銭」は、小沢健二さんのひふみよで行っていたのを、非常によいやり方だと思い、真似させてもらいました。

エイナオキ
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
できること
Audio Arts Recordingsでできることなら
なんでもやってみようと思います。

http://audioarts.jp/download.html

こちらから未発表音源のダウンロードを始めます。

投げ銭なのでお好きな額をどちらかの口座へ投げて下さい。

もちろん投げなくても構いません。

楽曲をダウンロードし、それを友人に贈ったり。
それで気持ちがすこしでも落ち着くのなら、この楽曲の役目は果たしています。

みなさんができることをすればいいだけです。

とにかく、日々の生活にもどる、無駄な買い込みはしない、ガソリンスタンドに
並ばない、できる限り徒歩、自転車、混雑した公共交通機関などを利用、
それぞれに不便を味わいながら、いまこの時代に生きていることを噛み締めて
毎日を過ごしていくことが、できることだとも思っています。

えいなおき
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit