<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
NYC
世間はちょっとしたNew York騒ぎになってるみたい。
世間と言っても日本の極一部だけど。

ぼくには殆ど関係のないSaturdays surf nycが代官山にオープンし、
そのオープニングは人でごった返していたそうだ。

横浜SOGOでは「N.Y.foods street」と題した催事があり、「New Yorkを一日食べ歩き」なんて
文句がついているが、しょぼい催事だろうと予想はつく。実際、行って来たノリくん曰く、
「つまらない…」の一言。ただ、彼女がすきなFat Witchのブラウニーとマグカップが買えたから
それで充分とのこと。あ、あとスープがおいしかったみたい。
感想次第では行こうと思ってたけれどこのブラウニーでその必要もなさそうだ…
nyc.JPG

もう一つのNYCは3/21から小沢健二がNYCからコンサートをしに来ている。
もちろんぼくも30日にいく予定。多少の不安があるのだけれど、ヒロシさんのblog
見る限り過度な期待はやめておこう。期待というか「今の自分の好みの寄りの期待」は
やめておこう。どうも勝手にThe BandのLast Waltzのようなライブを想像してしまっている。
Dr.JohnやE.Claptonなんて出てくるわけではないがそんなライブ…。
まあそもそも彼をRobbie Robertsonと照らし合わせることがいけないのだけれども。
もっとも、このライブを聴いたのも彼の影響だったわけだけど、いまでは彼を越えて
こっちの方が好きになってしまっているようだ。
new yorkとは関係ないけど最高にかっこいいライブだ。

といった具合にnew yorkな最近、
new yorkなアルバムはやっぱりCarole KingのThe Carnegie Hall Concert. 1971だろう。
NYC出身の彼女がカリフォルニアで作曲家として成功し、大ヒットのtapestryをひっさげての
里帰りコンサート。ダニー・クーチマーがギターで途中から出て来て、
サプライズにジェームス・テイラーとのYou've got a friend
大好きなsnow queenはいつ聴いてもゾクゾクする。
とにかくいいライブアルバム。
写真.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
steppers
今回のThe SurroundのゲストはSteppers RecordsのKaminomuraくん。
screenshot_01.jpg

彼には以前からmix cdを通していろいろ音楽を教えてもらったりして
いました。
鈴木編集長の回から新譜などをチェックしたい気持ちがあったのだが、
なかなかどうして手が出ない感がありました。
そんな自分を乗り越えるのと、皆さんも新譜に気がある頃ではないかと思い、
今回のthe surroundに登場してもらいました。

特にAnonymとTodd Terjeは良かったですね。todd terjeは音の質感がすごく好み。

そしてこの週末の夜はこれをBGMにします。
写真.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
レキシ
元Super butter dogのキーボードの池ちゃんのバンド "レキシ"

ぼくはこの池ちゃんが好き。
独特の雰囲気。

ずいぶん前に、ハナレグミ、池ちゃん、萩原健太の3人が
スペシャで番組をやっていたのだけれど、それがすごく面白かった。
萩原健太のまじめな音楽話に永積タカシがうなずき、
要所要所の池ちゃんのおとぼけが実に良かった。

でレキシのこのライブが面白いのでここに貼ります。

ちゃんと続きもあるので気に入ったらそっちも是非。

歌の内容は”レイシ”というだけに日本史に則って作られています。
そんな発想も好き。

ちゃんと演奏もうまいから尚いい。
何かで上原ひろみともセッションしてたけど思い出せない…
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
The Surround
本日The Surround #7更新いたしました。

いくつか補足をしてみようと思います。

Esperanza SpaldingとGretchen ParlatoのPVはこれです。


そしてSavannah SlammerでのTG


Public Domain


こうやってMcradも画と一緒にみるとさらにかっこ良く聴こえてきたりします。
こない人もいます。

知らない方のためにイラストの元ネタはこちら
Donald Fagen/Nightfly
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
Tower Records
2月10日に、
AUDIO ARTS SUPPLEMENT / SOUNDLOGY1
が一般流通によりCDなどを展開する全国の様々な店舗にて
販売開始されました。

もちろん、なんのプロモーションもありません。
本当に小さな小さな(tiny little miner)レーベルですから。
でも素晴らしい音楽なので、CDショップで大手レコード会社のCDと肩を並べるべき、
いやそれどころか、パッケージも含めると上回っている作品として
CDショップにも取り扱ってもらうべきだと思いました。

そして、
タワーレコード渋谷では、小規模レーベルでは異例の展開をして戴いています。
タワレコ渋谷店のみ100枚限定でCOMPACTOLOGY, PERSONALOGYから4曲収録の
CDRが特典です。
タワー渋谷2F.JPG

タワー渋谷1F.JPG

今回の一般流通分にはGOOD ENOUGHに作ってもらった
サウンドコンテンツ "THE SURROUND" のプロモステッカーが付属しています。

今回の出来事は、日本の音楽市場の流れがやっと変わって来た
事例の一つなのではないでしょうか。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit